気になる動作環境オプトレ!はWindows XPで利用しても大丈夫?

オプトレ!の動作環境については、も含まれています。但し、ブラウザには制約があり、Firefox 23を利用する必要があります。Internet Explorerでは動作が保証されていないので、注意が必要です。

 

オプトレ!を運営しているYJFX!によって現在推奨されている動作環境は以下のようになっています。

・Windows XP : Firefox 23 ※Internet Explorerは不可
・Windows Vista : Internet Explorer 9.0、あるいはFirefox 23
・Windows 7 : Internet Explorer 9.0と10.0、あるいはFirefox 23
・Windows 8 : Internet Explorer 10.0、あるいはFirefox 23
・Windows 8.1 : Internet Explorer 11.0のみ
・Mac OS X10.7 : Safari 6のみ

 

Windows環境だけでなく、Macでも利用できるという点は、Macユーザーにとってうれしい点かもしれません。

 

インターネットを通じたオンラインでの金融取引を行う場合には、このような動作環境をしっかり確認しておくことが重要です。推奨されていない環境であれば取引できないということはもちろん、スペック等によってはレスポンスが悪くなることもあるので、絶好のチャンスを逃すという可能性も考えられます。

 

推奨された環境を整えて取引するということを心がけたいものです。

 

Windows XPのサポート期限について

少し前にマイクロソフト社から発表がありましたが、2014年4月9日にWindows XPのサポートが終了することが決まっています。新しいバージョンのWindowsは発売されていますが、使い勝手の良さなどから多くの人がWindows XPをまだ使っているという現状があります。

 

サポート期間が終わっても、すぐにWindows XPを搭載したパソコンが使えなくなるということはありません。しかし、気を付けなければならないことはあります。

 

それはウィルスなどの攻撃についてです。サポート期間には、常にウィルスなどの攻撃に備えるような更新が配布されており、危険な状態にならないようにアップデートされていきます。

 

しかし、サポート期間が終了するということは、この更新の配布が終わってしまうということです。したがって、攻撃者にWindows XPの新しい弱点を発見された場合に、その弱点が更新されずに放置されることになってしまうのです。

 

もしそのような状態になると、ウィルスに感染する危険が増したり、パソコンの中の重要な情報が抜き取られるなどしたりして、大きな損害を受ける可能性が高くなります。

 

今の段階ではオプトレ!はWindows XPでも動作が保証されていますが、Windows XPのサポートが終了するまでの間に最新のバージョンに変えるなどの対策を取っておいた方が良いでしょう。